低金利カードローンでも返済シミュレーションをしてみよう

誰でも金利が低いというのは嬉しいものです。ただ、人によっては低金利カードローンなんだから、特に利息は気にしなくていい、もしくは毎月の最低返済額さえわかればいい、と思っている人もいます。確かに低金利ですから、利息負担は高金利のそれよりも少なくなります。

ただ、勘違いしてはいけないのは、低金利カードローンとはいっても、意外と利息負担は大きいということです。しかも初めてお金を借りるという場合には、金利は年利10%以上となることが多いので、長期間借りるようになればやはり負担は大きいのです。

借りに30万円低金利カードローンから借りたとします。金利が10%と仮定すると、初回の利息負担は2,500円近くになります。毎月の返済額を1万円とすると、実に4分の1は利息になってしまうのです。

そしてカードローンは再キャッシングできるというメリットがあり、人によっては1年経過しても残債が30万円のままということも考えられます。そうなると1年間で3万円もの利息になってしまうのです。

低金利カードローンでは14.0%という金利のところも少なくありません。そうなると、前述のようなケースでは、4万2,000円も利息になってしまうのです。

ですので、いくら低金利だからといって、そのネーミングに惑わされることなく、しっかりとまずは返済シミュレーションしてみましょう。今はインターネットでも簡単にシミュレーションできるので、借りる前、もしくは借りている人は今一度シミュレーションして、いつまで返済がかかるのか、総利息はどれくらいになるのか見ておきましょう。