低金利カードローンの審査項目

低金利カードローンを利用するためには、申込書に必要事項を記入して、融資審査をしてもらうことになります。その審査をクリアできればカードが発行されて、融資限度額の範囲内でキャッシングできるようになります。

その審査には、さまざまな項目があります。各金融機関その項目に対する審査基準は異なりますが、審査項目はだいたい同じです。

審査の基礎となるのが申込人の年収です。基本的には年収は高ければ高いほど審査は有利になりますが、低いからといって審査をクリアできないというわけではないのです。

逆に年収が高くても審査がクリアできないこともあり、その原因となるのが年収以外の項目です。年収が基礎ではあるのですが、その年収が完済までに安定して得られるものでなければいけません。

いくら申し込みの時の年収が高くても、2~3年後には極端に減ってしまう、時には収入がゼロになってしまう可能性もある、という場合は審査が厳しくなるでしょう。

その審査項目が職業であり、勤務先です。景気に大きく左右されないような大手企業に正社員として勤務していれば、倒産やリストラの危険性が低いですが、景気に左右される職業でそれも自営業の方はやはりちょっとしたことで収入がなくなることもあるのです。

その他には、年収から返済に回せるお金の余裕がどれくらいあるのかもポイントになりますので、そのための項目が扶養家族の数、他の借入金、住居の形態などになります。そして、これらの条件が問題なくても、これまでのクレジットカードや借入金の返済実績に問題がある方なども審査は厳しくなるでしょう。