利息がかからない友人からの借入

金融機関からお金を借りた場合には、元金の他に金利に対する利息を支払わないといけません。借入額が少なく、金利も低ければそれほど利息も気になるくらいではないかもしれませんが、金利が高くなってしまうと、毎月しっかり払っていてもなかなか残債が減らない、なんて感じる人も少なくありません。そのため友人から借り入れするという方もいるでしょう。

友人からの借入と低金利カードローンの違いは、やはり金利です。低金利とはいうものの、年利10%以上は少なくともかかるものですし、再キャッシングを繰り返していると、場合によっては元金以上に利息を支払ったという方も出てくるのです。ですが、友人からの借入だと、たいていは元金だけの返済で済むことが多いです。

ただ、利息がかからない反面、友人からの借入だと、その友人との人間関係がこじれてしまうことも考えられます。いつまでたっても返済されない、なんてなるとやはり友人も腹を立てるでしょう。

もしそんな時に、旅行に行ったり、欲しい時にすぐに完済したとしても、わだかまりが残ることもあります。

例えば、その後その友人が逆にお金を貸してほしいといわれれば貸さざるをえませんし、断れば「自分が苦しい時は借りて、俺が苦しい時には貸さないのか」となってしまうこともあります。また、その友人が他の友人に「あいつにお金を貸してさ」なんて言われれば自分も「そのことは言わないでほしい」と思うでしょう。

プロミス-京都市内の自動契約機|京都駅前など店舗一覧(9件)

低金利カードローンなら、利息負担もそれほど大きいわけではないですし、人間関係のトラブルにはなりませんので安心です。