返済も不要!?家族から借りる

金融機関からお金を借りたら、当たり前ですか元金とともに利息も支払わないといけません。いくら低金利カードローンといっても、返済はしないといけないのです。

ただ、生活が苦しくてお金を借りた場合には、なかなかその返済も難しくなることもあるでしょう。どのような方法でお金を借りても、返すのは常識ですが、場合によっては実質返さなくてもいいような借り方もあります。それが家族から借りるという方法です。

例えば、生計を共にしている旦那さんお金を借りれば、たいていは返さなくてもいいとなるかもしれません。しかも家族に関する費用であればなおさらでしょう。

また、同居している、していないにかかわらず、両親からお金を借りるとなれば、どのような費用でも返済しなくてもいいことが多いです。両親も、食べるものの食べずにいるのなら、無理に返済してくれなくてもいい、ある時払いでいい、と言ってくれる場合もあるのです。

例えば、生計を共にしている旦那さんお金を借りれば、たいていは返さなくてもいいとなるかもしれません。しかも家族に関する費用であればなおさらでしょう。

また、同居している、していないにかかわらず、両親からお金を借りるとなれば、どのような費用でも返済しなくてもいいことが多いです。両親も、食べるものの食べずにいるのなら、無理に返済してくれなくてもいい、ある時払いでいい、と言ってくれる場合もあるのです。

ただ、必ずしもお金を借りられる家族ばかりではありませんし、借りたい理由によってはお金があっても貸してくれない場合もあります。たとえば、ギャンブルに使う、なんてことになればきっと貸さないでしょう。

低金利カードローンは、もちろん返済していかなければいけませんが、利息負担が少ないので返済も比較的楽です。審査をクリアできている時点で返済能力があると判断されたわけですから、まともな生活を送っていれば問題なく返済していけるのです。ですので、家族から借りるのは最終手段と考えておいた方がいいでしょう。