返済も不要!?家族から借りる

金融機関からお金を借りたら、当たり前ですか元金とともに利息も支払わないといけません。いくら低金利カードローンといっても、返済はしないといけないのです。

ただ、生活が苦しくてお金を借りた場合には、なかなかその返済も難しくなることもあるでしょう。どのような方法でお金を借りても、返すのは常識ですが、場合によっては実質返さなくてもいいような借り方もあります。それが家族から借りるという方法です。

例えば、生計を共にしている旦那さんお金を借りれば、たいていは返さなくてもいいとなるかもしれません。しかも家族に関する費用であればなおさらでしょう。

また、同居している、していないにかかわらず、両親からお金を借りるとなれば、どのような費用でも返済しなくてもいいことが多いです。両親も、食べるものの食べずにいるのなら、無理に返済してくれなくてもいい、ある時払いでいい、と言ってくれる場合もあるのです。

例えば、生計を共にしている旦那さんお金を借りれば、たいていは返さなくてもいいとなるかもしれません。しかも家族に関する費用であればなおさらでしょう。

また、同居している、していないにかかわらず、両親からお金を借りるとなれば、どのような費用でも返済しなくてもいいことが多いです。両親も、食べるものの食べずにいるのなら、無理に返済してくれなくてもいい、ある時払いでいい、と言ってくれる場合もあるのです。

ただ、必ずしもお金を借りられる家族ばかりではありませんし、借りたい理由によってはお金があっても貸してくれない場合もあります。たとえば、ギャンブルに使う、なんてことになればきっと貸さないでしょう。

低金利カードローンは、もちろん返済していかなければいけませんが、利息負担が少ないので返済も比較的楽です。審査をクリアできている時点で返済能力があると判断されたわけですから、まともな生活を送っていれば問題なく返済していけるのです。ですので、家族から借りるのは最終手段と考えておいた方がいいでしょう。

利息がかからない友人からの借入

金融機関からお金を借りた場合には、元金の他に金利に対する利息を支払わないといけません。借入額が少なく、金利も低ければそれほど利息も気になるくらいではないかもしれませんが、金利が高くなってしまうと、毎月しっかり払っていてもなかなか残債が減らない、なんて感じる人も少なくありません。そのため友人から借り入れするという方もいるでしょう。

友人からの借入と低金利カードローンの違いは、やはり金利です。低金利とはいうものの、年利10%以上は少なくともかかるものですし、再キャッシングを繰り返していると、場合によっては元金以上に利息を支払ったという方も出てくるのです。ですが、友人からの借入だと、たいていは元金だけの返済で済むことが多いです。

ただ、利息がかからない反面、友人からの借入だと、その友人との人間関係がこじれてしまうことも考えられます。いつまでたっても返済されない、なんてなるとやはり友人も腹を立てるでしょう。

もしそんな時に、旅行に行ったり、欲しい時にすぐに完済したとしても、わだかまりが残ることもあります。

例えば、その後その友人が逆にお金を貸してほしいといわれれば貸さざるをえませんし、断れば「自分が苦しい時は借りて、俺が苦しい時には貸さないのか」となってしまうこともあります。また、その友人が他の友人に「あいつにお金を貸してさ」なんて言われれば自分も「そのことは言わないでほしい」と思うでしょう。

プロミス-京都市内の自動契約機|京都駅前など店舗一覧(9件)

低金利カードローンなら、利息負担もそれほど大きいわけではないですし、人間関係のトラブルにはなりませんので安心です。

使用用途限定の目的ローン

金融機関からお金を借りる場合に一番気になる点が金利でしょう。できるだけ金利が低いローンを組みたいと思うのは誰でも同じでしょう。低金利カードローンは、そのネーミングから見れば、一番金利が低いのかと誤解する方もいますが、銀行ローンではそれよりもはるかに金利が低いローンがあります。それが使用用途限定の目的ローンです。

低金利カードローンと目的ローンの違いは、やはり金利でしょう。目的ローンはその商品によっても異なりますが、2~5%程度、ものによっては年利1%台というかなり低金利になることもあります。そしてもう一つの大きな違いは、やはり使用用途でしょう。

金利がかなり低い目的ローンですが、その決められた目的以外には使用することができないのです。

目的ローンには、スタンダードなものとしては住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどがありますが、住宅ローンは家の購入やリフォームなど家に関するもののために使う、マイカーローンは車の購入費用や車検代など車に関する費用、教育ローンは資格取得や学校に通うために必要な費用にしか使えません。

たとえば、ブランドバッグを購入したいという場合に、マイカーローンは使えないのです。

目的を偽って利用するということもできそうですが、今は申込者の口座に直接振り込まれるわけではなく、例えば車をディーラーから購入した場合には直接その費用をディーラーの口座に振り込むのです。

ですので、偽ることはできません。また、目的ローンによっては担保や保証人が必要になる場合もあるのです。

さらに低金利のフリーローン

低金利カードローンはその名の通り金利が低いと思いがちです。ですが、実際はもっと低金利のローンがあるものです。あくまで、利便性の高いカードローンの中で低金利というだけです。低金利カードローンのように、使用用途自由な銀行ローンとしては、さらに低金利なフリーローンがあります。

フリーローンと低金利カードローンの違いは、まずはやはり金利でしょう。低金利カードローンは、年利10~14.8%くらいなのが一般的で、たいていは14%前後になることが多いです。一方でフリーローンは6~10%くらいが一般的です。金利が半分以下になることも十分に考えられます。ですので、金利だけを比較すればフリーローンのほうがいいのです。

ただ、フリーローンの場合には融資申し込みの際、必要な額を提示し、審査がクリアできればその額が口座に全て振り込まれます。そこから、返済計画表に沿って毎月返済していくことになります。

もちろん低金利カードローンでも、必要な額を借り入れして毎月返済していくことには違いありませんが、低金利カードローンの場合には、融資限度額に枠が残っていれば、いつでも何度でもキャッシングでき、また返済していき枠が増えればその分もまた再キャッシングできるのです。

フリーローンの場合、またお金が必要になった場合には、再度申し込みしないといけませんが低金利カードローンはその必要がありません。そして早く完済したいために繰上返済する人もいますが、フリーローンの場合にはその手数料がかかってしまうのです。

ですので、まとまったお金ができないと繰上返済も無駄になります。ですが、低金利カードローンなら、繰上返済手数料がかからないのでいつでもいくらでも返済できます。

使い勝手が似ている消費者金融

低金利カードローンの特徴は、融資限度額の範囲内であれば、最寄りのATMで何度でもキャッシングできる、そして返済していけばその分融資できる額が増えるので、その分だけ再キャッシングできるという点です。繰上返済する際にも手数料がかからない、無担保ローン、融資審査が早い、などいろいろな特徴があるものです。

この低金利カードローンと使い勝手が似ているのが消費者金融です。前述の特徴は、消費者金融の特徴と合致します。

では、この消費者金融と低金利カードローンはどこが違うのでしょうか。

まずは、やはり金利でしょう。消費者金融は言い方を変えれば『高金利カードローン』とも言えます。低金利カードローンの金利が高くても年利14.8%なのに対し、消費者金融は軒並み利息制限法が定める金利上限である年利18.0%にもなります。

たかが3%と思うかもしれませんが、これが意外と大きいのです。しかも低金利カードローンは9~10%程度のところもあるので、そこと比べれば倍近く違います。

そして、金融機関の信頼度も違うでしょう。低金利カードローンの多くは、店舗のある銀行や信用金庫、信用組合などです。一方で消費者金融は店舗をもたないところが多く、大手消費者金融以外は信頼度は一気に下がってしまいます。中には消費者金融と偽って運営している闇金もあります。

また、消費者金融と聞くと未だに悪いイメージを抱く方が多く、大手消費者金融だと本当は安心なのですが、知名度がある分消費者金融だと知られてしまい、悪いイメージを抱いている方は、持っているだけでその人のイメージも悪くなってしまうこともあるのです。

ただ、審査スピードについては消費者金融のほうが早いので、本当に今すぐ、今日中にお金が必要という場合には消費者金融も検討しないといけないでしょう。

低金利カードローンの審査項目

低金利カードローンを利用するためには、申込書に必要事項を記入して、融資審査をしてもらうことになります。その審査をクリアできればカードが発行されて、融資限度額の範囲内でキャッシングできるようになります。

その審査には、さまざまな項目があります。各金融機関その項目に対する審査基準は異なりますが、審査項目はだいたい同じです。

審査の基礎となるのが申込人の年収です。基本的には年収は高ければ高いほど審査は有利になりますが、低いからといって審査をクリアできないというわけではないのです。

逆に年収が高くても審査がクリアできないこともあり、その原因となるのが年収以外の項目です。年収が基礎ではあるのですが、その年収が完済までに安定して得られるものでなければいけません。

いくら申し込みの時の年収が高くても、2~3年後には極端に減ってしまう、時には収入がゼロになってしまう可能性もある、という場合は審査が厳しくなるでしょう。

その審査項目が職業であり、勤務先です。景気に大きく左右されないような大手企業に正社員として勤務していれば、倒産やリストラの危険性が低いですが、景気に左右される職業でそれも自営業の方はやはりちょっとしたことで収入がなくなることもあるのです。

その他には、年収から返済に回せるお金の余裕がどれくらいあるのかもポイントになりますので、そのための項目が扶養家族の数、他の借入金、住居の形態などになります。そして、これらの条件が問題なくても、これまでのクレジットカードや借入金の返済実績に問題がある方なども審査は厳しくなるでしょう。

低金利カードローンでも返済シミュレーションをしてみよう

誰でも金利が低いというのは嬉しいものです。ただ、人によっては低金利カードローンなんだから、特に利息は気にしなくていい、もしくは毎月の最低返済額さえわかればいい、と思っている人もいます。確かに低金利ですから、利息負担は高金利のそれよりも少なくなります。

ただ、勘違いしてはいけないのは、低金利カードローンとはいっても、意外と利息負担は大きいということです。しかも初めてお金を借りるという場合には、金利は年利10%以上となることが多いので、長期間借りるようになればやはり負担は大きいのです。

借りに30万円低金利カードローンから借りたとします。金利が10%と仮定すると、初回の利息負担は2,500円近くになります。毎月の返済額を1万円とすると、実に4分の1は利息になってしまうのです。

そしてカードローンは再キャッシングできるというメリットがあり、人によっては1年経過しても残債が30万円のままということも考えられます。そうなると1年間で3万円もの利息になってしまうのです。

低金利カードローンでは14.0%という金利のところも少なくありません。そうなると、前述のようなケースでは、4万2,000円も利息になってしまうのです。

ですので、いくら低金利だからといって、そのネーミングに惑わされることなく、しっかりとまずは返済シミュレーションしてみましょう。今はインターネットでも簡単にシミュレーションできるので、借りる前、もしくは借りている人は今一度シミュレーションして、いつまで返済がかかるのか、総利息はどれくらいになるのか見ておきましょう。

低金利カードローンは審査が厳しい?

低金利カードローンと聞くと、誰もができればここから融資してもらいたい、高金利よりも低金利のほうがいいと思うはずです。ただ、金融機関からお金を借りる場合には、どのようなローン商品であっても必ず融資審査があるものです。

では、低金利カードローンは、低金利というだけあって審査が厳しいのでしょうか。たいていの人は審査がクリアできないのでしょうか。

審査については、審査項目自体はどこの金融機関も大差ないのですが、審査基準は金融機関によって若干異なります。その審査基準が厳しいところもあれば、比較的優遇されるところもあるのです。

低金利カードローン全体を見て、他のローン商品を比較しても、特別に審査が厳しいということはないでしょう。もちろん、担保や保証人が必要なローンの場合は、万が一返済できない場合には、そちらで充填してもらうことができるということがあるため、高額融資でも審査がクリアできる場合も多いです。

その一方で低金利カードローンは無担保ローンですから、その分申込人に対する審査は厳しくなってしまうことはあります。それでも他に借入金がない方で、しっかりと安定収入があるという方であれば、たいていは問題なく融資可能となるでしょう。

もちろん、融資限度額はそれほど高くありませんので、足りないというケースもあるかもしれませんが、その額であれば返済できるとして審査はクリアできることが多いです。

実際、審査基準については各金融機関にしかわからないことで、口外されることはありません。ですので、どこの金融機関がどの項目に厳しいのかはわかりませんので、仮に審査が落ちた場合にも、何が悪かったのかわからないのです。

低金利カードローンは実際はどれくらいの金利になる?

低金利カードローンなら、さぞかし金利が低いだろう、他の銀行融資と比べても低金利なカードローンだと思う方もいるのではないでしょうか。

実際、低金利カードローンの金利については、各金融機関によって異なりますし、融資を申し込んだ方の条件、融資限度額によっても変わってきますので、実際にどれくらいの金利になるのかということは明確には伝えることができません。ただ、初めてカードローンを申し込むという方の場合に限れば、ある程度の金利は判断できるでしょう。

初めてカードローンを申し込むという方は、最初から高額の融資限度額になることはまずありません。最初は10万円、もしくは20~30万円程度というのが一般的で、よほど高額でも50万円といったところでしょう。

そこからしっかりと実績を作ることで融資限度額が高くなっていくこともあるのです。高額融資ができない、50万円以内の融資限度額という場合には、表記されている各金融機関の金利の高いほうになります。年利○%~○%と記載されている場合には、後者のほうのなるわけです。

そしてその金利の額はたいていは年利10~14.8%くらいとなり、決して銀行の一般融資に比べて低金利ということにはなりません。低金利カードローンを正確にいうなら、カードローンの中で比較的低金利という意味合いになるでしょう。ですが、たとえ1%でも低金利のほうが返済していくのには有利ですから、やはり低金利カードローンはしっかりチェックしておきましょう。